人物画のグループで描いた作品を紹介します


by shmino

顔の描き方


  前回の O 先生の会
 
  モデルさんが都合で一時間ほど遅れるとの事
  そこで先生が顔の描き方を実演してくれる事に

  二通りの方法をやって見ようと言って

  最初はあらかじめ紙を濡らしておく手法

  濡らした紙が乾き切らないうちに
  肌色を一面に塗り
  その一部を布で吸い取られるので
  何をされているのか訳が分からなかったが
  後で少し濃い色で影を付けると
  そこが眼になり、鼻になり、口になるので
  まるで手品を見ているようだった

  次の方法は黄土色を使って軽くデッサンして 描き込んでいく方法
  描きながら要点を説明されるのでとても勉強になる

  モデルさんがいないのに先生の筆は止まる事が無い
  見る見るうちに魅力的で生き生きした
  美人が生まれてくるので感心するばかり

  その内モデルさんが現れたので
  先生の真似をして顔を描いた

  私にとっては初めて取り組む方法なので上手くいくかどうか

b0182978_18334491.jpg

No.714      F4号     モロー紙

  馴れない事なので、やっつけ仕事の様でやはり駄目か!
  でも細かい事を気にしないで伸び伸び描けたのは収穫




  
  
 
 
[PR]
Commented by yumi at 2015-08-18 00:26 x
O先生の実演がたっぷり見れて実に羨ましい!!
みのさんは肌色を一面に塗る方法で描いたのですか?それとも黄土色でデッサンする方法でしょうか?黄土色でデッサンするということは鉛筆デッサンを省いているということでしょうか?
どちらにしても短い時間でここまで仕上げられるのは素晴らしいと思います。
Commented by shmino at 2015-08-18 12:54
yumiさん 先生の手さばきがあまりに見事なため、見ていると自分でも出来そうに思うのですが、実際は全然真似も出来ません
私の絵は黄土色で形を取ったものです これまでの私に比べたらおそらく1/5位の短時間で雑にデッサンしております 
by shmino | 2015-08-16 18:42 | Comments(2)