人物画のグループで描いた作品を紹介します


by shmino

<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

7月も終わりです

 
7月ももう終わりです
この暑さ8月へもしっかり引き継ぐようです

今日は久しぶりの静物画
トランペットとドライフラワー

瓶や机はまっすぐな縦の線
トランペットは真横の線
あまりにもたてよこきっちりしすぎているので
堅苦しい感じです

手前の2冊の本が斜めに置いてあるので
ややホッとします


b0182978_100072.jpg


おまけ

今日はフランスのリヨンの紹介です
ミラノから国際列車で約5時間の旅
列車の中で何人も似顔絵を描いてリヨンに到着

ミラノの古代遺跡の様な駅舎に較べ
リヨン.セント駅のモダンな事
フランスらしい垢ぬけたデザイン感覚です

そこからバスで市内のパールデュ駅前へ
駅前には赤いカバーのレンタサイクルが一杯並んでいた
街中でこの自転車に乗っている人を良く見た

b0182978_1020116.jpgb0182978_10203034.jpg
[PR]
by shmino | 2010-07-31 10:21 | Comments(4)

夕涼み

 
 イタリアから戻って久しぶりに
 又、人物の会に参加しました

 浴衣姿のモデルさんでした

 このところ猛暑が続くので
 少しでも涼しさを呼ぶように
 描きたいと思いました

 実際の浴衣の模様はとても細かい模様で
 うまく描けそうに無かったので
 私の勝手な創作模様にしました

b0182978_2254684.jpg


  おまけ

ミラノのシンボル「ドゥオモ」は、初めて目の前にした時
思わず息を呑むほど、壮麗、雄大で圧倒された

何本もそそりたつ尖塔の先には良く見ると
すべて人物の立像彫刻が立っている

b0182978_247564.jpgb0182978_2464181.jpg
[PR]
by shmino | 2010-07-28 02:51 | Comments(2)

イラーリアちゃん

 
 国際列車の中で仲良しになった
 イラーリアちゃん

 とても聡明な子で、言葉は通じないけれど
 おはじきとか、指相撲遊びとか
 すぐに、要領を憶えて楽しく遊ぶ事が出来た

 ただ彼女の手のひらを見た時
 手相が普通とは違っていて不思議な気がした

 私の手相は、感情、知能、生命の三本の線が
 右手で見ると片仮名の「ラ」の字のように走っている

 でも彼女の線は、漢数字の「三」のように
 三本がほぼ平行に走っていた

 私は手相見ではないので、これが珍しい事なのか
 ときどきある事なのか、分からないが
 私は一瞬「えっ?」と思った次第である

 彼女の衣装は絵として描きたくなる魅力がある

 この絵を描いている時の私はゴーギャンになっていた

b0182978_14484525.jpg


おまけ

列車の中では他の人の似顔も何人か描いた
その内の一人、この女性はハーフではないだろうか

b0182978_156367.jpg


 
[PR]
by shmino | 2010-07-25 15:15 | Comments(4)

ロレンツォちゃん


 ローマ郊外の知人の家には
 1才の可愛い赤ちゃんがいました

 ロレンツォちゃんという男の子です
 やっと一人で立つ事がでるようになったばかりです

 いないいないばあーをしてあげると
 とても楽しそうに笑うので
 こちらも嬉しくなって何回もしてしまいました

 私たちが日本へ帰るとき、電話をいただいて
 又来て下さいという事とともに
 ロレンツォちゃんがお母さんに
 いないいないばあー の真似をするようになったと
 いう話をされるのでした

 きっともうロレンツォちゃんは歩けるようになっているでしょう


b0182978_9171553.jpg

                                       No.150

おまけ

ローマで遺跡や名所を観光して
少し裏道に入ったら
写真の様な市場が立っていました

韓国ではこんな市場をあちこちで見ますが
ローマでもあるのだと一寸意外な感じでした

b0182978_1023373.jpg

[PR]
by shmino | 2010-07-21 10:04 | Comments(8)

髪にティアラ

 
  白い髪飾り
  黒いバラのベルト
  空色のポシェット

  色の組み合わせが楽しいモデルさんでした

  そかで、やや幻想的な背景にして見ました


b0182978_1812124.jpg


  おまけ
 
 イタリア旅行のとき
 ローマから車で30分ほど走り
 郊外のサクロファノ村という所へ行きました

 そこにはローマ帝国で初めてという、4世紀に建てられた教会が残っていたました
b0182978_18253417.jpg


 また道に沿って古そうな住宅があったので尋ねると
 これは1000年前に建てられたアパートだそうです
 まだ大勢の人が住んでいます

 市電の車両などでも古い型の物が走っていますし
 日本とは対照的にイタリアの人は
 古くても使える間は、物を大事に使う気質の様です

b0182978_1825754.jpg


  
[PR]
by shmino | 2010-07-18 18:47 | Comments(4)

イラーリアちゃんと遊ぶ


 帰りの国際列車, 通路をへだてて向こう側4席に
 おばあさん、お母さん、少女、赤ちゃんの4人が席を取っていた

 少女も赤ちゃんも、目がくりくりして可愛いので
 似顔絵スケッチに取りかかった

 出来上がった絵をあげると
 とても嬉しそうににっこりして
 おばあさんやお母さんにも見せている

 それをきっかけに仲良くなり、 年や名前を聞いた
 彼女は9歳で名前をイラーリアちゃんという

 行きにポウリンちゃんと遊んだ、おはじきコリントを取りだして
 得点を競ったり、 動物当てなどをして楽しく遊んだ

 算数の計算問題も出して見たが
 足し算、引き算は勿論、掛け算も割り算も、皆すらすら答えを書く
 とても聡明な少女である

b0182978_20122836.jpgb0182978_20125793.jpg














下の絵は弟のユーレス君、まだ5カ月          
  おかあさんのおっぱいを飲んでいる
  幼いのになかなか男らしい顔だ             下の絵はユーレス君を抱くおかあさん

b0182978_20182369.jpgb0182978_202682.jpg












 

 余談;列車は往きも、帰りも、国境付近で約1時間止まったまま、なかなか発車しなかった
 
 
[PR]
by shmino | 2010-07-14 20:39 | Comments(6)

定刻通りには到着せず

 
 ミラノからリヨンへ
 国際列車ユーロシティに乗ったが
 行きも帰りも 予定到着時間より、1時間近く遅れた
 初めから時間通りに走ると期待しない方が良いようだ
 
 また、行きの列車では思わぬハプニングが・・・
 切符には4号車の座席が指定されているので
 乗り込んで見るとそれは食堂車だ
 結局どうしたかというと、空いている席に勝手に座った

 列車の中では時間がたっぷりあるので
 目に付く人を何人もスケッチした
 ただし鉛筆デッサンをしようと、鉛筆を持ってきたつもりが
 何処にも無い! 
 仕方ないのでボールペン一本で描いた

   一人は少し離れた席の男性             こちらは目の前の青年(実は私の孫)

b0182978_11444966.jpg b0182978_11455353.jpg
 
[PR]
by shmino | 2010-07-12 11:46 | Comments(4)
  
  列車の中にクレオパトラの様な魅力的な
  御婦人を発見し、さっそく似顔絵にとりかかった
 
  隣の青年は息子さんらしいから
  もう中年の御婦人であろうが
  まだまだ美しさは衰えていない
 
  その彫りの深い顔立ちは
  ヨーロッパ系でもましてアジア系でもなく
  エジプトの人に違いなかろう
  私にはどうしてもクレオパトラの子孫に見える
 
  昔映画で見たクレオパトラは世界的美女の
  エリザベス テイラー だったが
  彼女も決して劣らない

  描き終えて彼女に渡すと
  サンキューとほほ笑んで、息子さんにも見せ
  やがてバックにしまった

 b0182978_5252915.jpg b0182978_52655.jpg














    おまけ 

   「座席番号の謎?」

  列車の中の座席番号は、日本なら隣り合った席は、
  例えば 21番と22番のように続き番号になっている

  所がこの列車の座席番号は!

b0182978_5382151.jpg
 
  カップルが続き番号の切符を買っても、離れ離れにされてしまう! 
[PR]
by shmino | 2010-07-11 05:42 | Comments(2)

ポウリンちゃんの続き


 昨日ポウリンちゃんの事を書きましたが
 一つ大切な事を忘れていましたので追加します

 私が彼女やお母さんの絵を描き終えたら
 彼女が今度は私を描いてくれると言うのです

 その作品が下の絵です

 私はもっと良い男ですから、
 こんな顔と思はないで欲しいのですが
 実はなかなか特徴をつかんでいて
 彼女の絵心に感心しました

 写真の右下のバッヂは
 ポウリンちゃんからのプレゼントです

b0182978_7531838.jpg


 
[PR]
by shmino | 2010-07-09 07:54 | Comments(2)

イタリアとフランスへ


  昨日(7月7日)無事に旅行から帰ってまいりました

 イタリアのミラノ、ローマ、フィレンチェと
 フランスのリヨンを回ってきました

 普通は素晴らしい風景をスケッチして紹介すべきでしょうが
 私は風景画が苦手なので、代わりに人物のスケッチを紹介することにします

 今日は、リヨンからミラノへ戻る列車の中で隣合わせた
 母娘の似顔絵をお見せします

 列車の中は向かい合いに、4人一組の席になっていて
 間にテーブルがあります

 通路を挟んで反対席に母と娘さんが居たので
 二人の似顔を描いて差し上げたら、とても喜んでくれ
 それから話が弾み、親しくなりました
 
 娘さんはポウリンちゃんと言い、10才だそうです
 私は即製で「おはじきコリント盤」を作って彼女と競争したり
 動物の絵を描いてあてっこしたり
 手を逆手に組んで、指あての遊びをしたりしました

 言葉は通じませんが、気持ちは良く分かりあえます
 やく6時間の乗車時間がもっと欲しいくらいの楽しい時間でした

b0182978_1482234.jpg
b0182978_1493783.jpg














ポウリンちゃんのお母さんの絵
ポウリンちゃんを描いていると、お母さんに似てくるし
お母さんを描いていると、ポウリンちゃんを描いているのと
変わらない気分ですし、やっぱり親子です

b0182978_14112867.jpg

[PR]
by shmino | 2010-07-08 14:25 | Comments(8)