人物画のグループで描いた作品を紹介します


by shmino

するめ

 私の描く絵は人物画80%、動物画10%ですが、まれに静物も描きます。
今週は展覧会のため人物を描かなかったので、少し前に描いたするめの絵を紹介します。
するめ3枚を新聞紙の上に配置して、写生しました。
新聞紙らしく描くのは大変かと思いましたが案外楽しく描けました。 
するめも元は烏賊ですから、動物画でしょうか?

b0182978_8371036.jpg

[PR]
# by shmino | 2009-06-25 08:41 | Comments(4)
 先週の展覧会にモデルをしてくれた人達が見に来てくれました。
左の写真は[楽屋にて」の絵のモデルさんで、小劇団の女優をしている方です。
右の写真は[柔らかな陽を受けて」のモデルのお嬢さんです。
どちらも顔はモデルさんに似ていません。 私の力量が不足しているからです。
モデルさんの方がもっと美人さんです。
b0182978_17253117.jpgb0182978_1725624.jpg
















 なお、今回の絵の額縁やマットはみんな私の手作りです。 口の悪い友人は、絵は下手だけど額縁はうまく出来ていると、ぐっさとくる感想を言います。
 後日額縁の作り方を紹介したいと思います。
 
[PR]
# by shmino | 2009-06-23 17:28 | Comments(8)

韓国の旅、その3

グループ展は無事終わりました。 友人、知人がおおぜい来てくれたので、毎日会場に行って応対していたら、すっかり疲れて終わった時はくたくたでした。

 この間一週間は一枚も絵が描けませんでしたので、今回は又韓国の事を紹介します。
全州の北50Kmほどの所に、扶余という街があります。
日本の聖徳太子の時代、ここは百済の都だった所です。 
 七世紀に百済が新羅に滅ぼされた時、王宮の姫や女官たちが写真の岩山から下の河に身を投げて散って行ったといいます。
 その様があたかも花が散るようだったので、この岩を落花岩というようになりました。
岩山に登って下を見ると、はるか下に白馬江の流れが見えます。 
 日本は百済から仏教をはじめかずかずの文化や技術を伝授されました。 
私達が今文明の恩恵に浴していられるのも、この地にいた百済の人達のお陰と思うと、しばらく目を閉じて、感謝の念を注ぎました。
b0182978_13501671.jpg 
b0182978_13525819.jpg
[PR]
# by shmino | 2009-06-22 13:55 | Comments(3)

ブーツのモデルさん

展覧会に毎日沢山の友達や知人が来てくれるので、私も毎日会場へ出向いています。
来場者のほとんどすべての人が、会場が明るくて、広々していると誉めてくれます。
絵はなかなか誉めてもらえません。
b0182978_18301968.jpg 
 今日は、前回約束したように、出品6点のうちまだ紹介していない作品を紹介します。
少し前の集まりの時に描いたものです。 モデルさんはブーツを履いていました。
バックに何かが欲しいと思って、有名な画家の画集などをひもといていたら、ピカソのこの静物画が目にとまりました。 色合いが絵にマッチしていたので、拝借しました。
[PR]
# by shmino | 2009-06-19 18:33 | Comments(1)
 昨日16日午前中、グループ展の会場準備をしました。
9時から仲間が集まって準備を始め、11時半頃には完了出来そうなので、12時からの開場には十分間に合うとほっとしていたら、11時20分にはもう数人の来場者が入られたので、後半はばたばたしました。

 私の展示コーナーは下の写真のようです。 40号1点、30号1点と20号4点、計6点出品しました。
このうち5点はすでにこのブログで紹介済みですが、1点はまだなので次回に紹介します。
b0182978_8392665.jpg


仲間は19人で、出品数は全部で102点です。 出品数が多いのでところどころ二段掛けになるほどでした。
この会場は建ってからさほど年数が経っていないことと、天井が高いので、明るく広々していて、来場者にも好評です。

今週はできるだけ会場に行っておもてなしをしようと思います。
[PR]
# by shmino | 2009-06-17 08:42 | Comments(0)